AI安全運転ソリューション『TRUE SAFE』

AI安全運転ソリューション『TRUE SAFE』

膨大なデータの力で交通事故ゼロの社会へ。

私たちYAZAKIは科学的に事故と相関のある数々の事故リスク要因を究明。
デジタコにより20年以上も積み上げてきた3,000億件にも上るファクトをベースに、これまで気づくことができなかった危険につながるクセまでもAIにより高度に解析。
常に安全意識の高い運転をしているかを診断・確認することで安全運転を習慣づけ、ドライバーの意識を高め、交通事故のない安心安全な社会を目指します。

サービス概要

AI・デジタル室は、矢崎グループのデジタルタコグラフ(*)から数百万に上る運送会社の運行データと事故データを取得。AIを活用してこれらのビッグデータを解析することで、信頼性の高い事故予測を実現しました。
この技術を用いて、運送会社様に、定量的かつ事実に基づく運転リスクの判定・スコアを提供可能です。従来の閾値だけを用いたサービスとは一線を画す精度で、御社の事故低減に貢献します。
*対象機種:DTG3α、DTG4、DTG5、DTG7、YAZAC-eye3T

矢崎 AI・デジタル室の取り組み
Play Video

TRUE SAFE 3つの強み

  1. 01. 大量のデータに裏打ちされたAIによる精度の高い事故予測
  2. 02. ドライバーおよび会社の事故リスクの「見える化」
  3. 03. 効率的な安全指導と指導水準の向上を実現

01.

大量のデータに裏打ちされたAIによる精度の高い事故予測

既存の運転診断サービスは、「急加速」「急ブレーキ」「急ハンドル」など、数件の危険挙動に着目して診断しています。TRUE SAFEでは、2,000件以上もの圧倒的な特徴量で危険運転挙動を分析。運行データを事故データと紐付けることで、真に危険な状況を事前に把握できます。

大量のデータに裏打ちされたAIによる精度の高い事故予測

02.

ドライバーおよび会社の事故リスクの「見える化」

専用アプリにより、運転リスクを定量化。さらに危険箇所も可視化することで、ドライバーの注意喚起、意識向上につなげます。日々の運転診断スコアは、一定期間(年次・月次)で集計も可能。ドライバーの危険兆候を定点観測することで、管理者による指導に利用いただけます。

ドライバーおよび会社の事故リスクの「見える化」

03.

効率的な安全指導と指導水準の向上を実現

TRUE SAFEでは「バック走行時の速度や事前の一時停止有無」「交差点付近での走行速度」など具体的なシーン毎に運転に対する良い点悪い点をドライバー別に毎日レポート。
TRUE SAFEを活用した指導方法へのコンサルティングサービスもあり指導水準の向上に貢献します(オプション)。
また、ルート別で危険運転の特徴を集計できるため、運転スキルに関する指導だけでなく、運行計画の検討にもご活用いただけます。

効率的な安全指導と指導水準の向上を実現

TRUE SAFE利用により事故率を低減!

某運送会社様ご協力のもと、本サービス『TRUE SAFE クローズドリリース版』による事故低減効果の検証を実施したところ、サービス利用前の前年同期間と比べ、検証期間は運行件数が増加しているにも関わらず事故件数は微減しており、一運行あたりの事故低減効果を確認することが出来ました!
事業者様から、TRUE SAFEを用いた安全運転指導を受けた乗務員の安全に対する意識も上がっており、従来は事後的・再発防止目的になってしまいがちな事故予防活動を、リスクスコア等を基準に効率的に実施ができるとのお声をいただいております。

*TRUE SAFEの対象機種はDTG3α、DTG4、DTG5、DTG7、YAZAC-eye3Tとなります